糖質量に注意

食事制限をしているのに痩せない、元々から小食なのに太ってしまう。そんな症状を訴えている男性や女性は非常に多いです。この原因は食事という行為自体ではなく、食べているものの栄養に問題があることが多いです。世の中でベーシックなダイエットというとカロリー制限かと思われます。適度な運動、そして肉や油を避けた野菜中心の食事によるダイエットが理想とされています。しかし、このカロリー制限ダイエットの意識でいくと思わぬ落とし穴がある場合が多いです。その原因が「糖質」です。糖質とは、砂糖はもちろん炭水化物などに含まれている糖のことをさしており、これが人間のエネルギーに直結するようになっています。病人や痩せている人は糖質をとにかくたくさん取れば肉や野菜を食べるよりも早く太れます。なぜなら糖質はエネルギー以外のなにものにもなれず、使い切れなかった場合は即日脂肪として蓄積されるものだからです。
カロリー制限はしっかりとしている、食べている量も多くないのになぜか体重が減らない。そんな人は1度自分の食事メニューの糖質量を考えてください。カロリーは問題なくとも、糖質量が多ければ脂肪は蓄積される=太るという状態になります。カロリー制限ではなく糖質制限を意識した生活をしてください。

急に糖質といわれてもわからないことも多いかと思われますが、糖質とはいわゆる主食類やデザートに多く含まれています。また、野菜嫌いの人が比較的食べられる野菜も糖質が多く含まれていることが多いです。まず、定番の食品としてはご飯、パン、麺類、シリアルです。パスタもパンもそうめんもクッキーも全て糖質の塊です。ケーキも砂糖も全て糖質ですから、これらは食べた瞬間エネルギーになります。人間にとって非常に効率のよいエネルギー源ではありますが、飽食の時代ダイエットを意識している人にとっては少し食べるだけで即脂肪を作り出す恐ろしい存在でもあります。
糖質はカロリー制限では大歓迎、オススメとされている食品類にも含まれています。代表的なものに春雨、玉ねぎ、コンブなどが上げられます。春雨はラーメンやパスタと比べれば相当にカロリーは低いですし、糖質量も低いです。しかし、糖質制限を意識した状態で見れば少量なのに大量の糖質が含まれていることになります。カロリー制限をしているのに痩せないという人は糖質のとり過ぎが考えられます。カロリー制限のみを意識したダイエット食品に騙されている人は多いです。
糖質は食品のうまみやコクによく含まれています。人間にとって甘いという味は非常に美味しいものなのです。糖質制限はこれをできる限りさける食事制限となっています。
しかし、これは上手に利用すれば相当なダイエット効果を期待できるようになっています。

糖質制限とカロリー制限の間のような形のダイエットをすると、ゆるやかに減量が可能なのにしっかりと食べられるという状況を作り出すことができます。カロリー制限では禁止だったマヨネーズやお肉にチーズは糖質制限にとって必要不可欠な低糖質食品となっています。しかし、ごはんやパンはまったく禁止食品となってしまいます。
けれど、1日に何グラムか量を決定して食べるのであれば問題はありませんから、自分の体重や体質と相談しつつカロリー制限や糖質制限で食事管理をしてください。
普通にカロリー制限をしつつ、夜だけは糖質制限をしているという女性が増えています。

Copyright(c) 2015 リバウンドの不安をなしにしてダイエットを成功させよう. All Rights Reserved. Design by Cloud template