食事制限

ダイエットで最も重要となってくるのが食事です。食事量は基礎代謝が多ければ多く食べても太らないという設計になっています。しかし、ダイエットをしている人の多くが代謝が悪く、食べれば食べた分だけしっかりと太ってしまう体質の場合が多いです。
男性は女性よりも代謝が良い上に、そもそも脂肪よりも筋肉のほうが多くそして少量の運動でも筋肉がつきやすい設計になっていますから、女性よりも男性がダイエットしたときのほうが成功しやすいです。しかし、女性は妊娠や出産をする体で生まれていますから、脂肪が減少することを極端に嫌がるような設計になっています。ですから痩せにくく太りやすいようになっているのです。当然筋肉量も少ないですから男性と比べればそもそもの代謝が低い上に。代謝が上がりにくくなっています。

女性がダイエットをする場合には男性よりも遥かに食事に注意する必要があります。まず定番なのがタンパク質です。これは肌、髪、爪に筋肉など健康と良好なダイエット生活を続けるために必要な栄養素第1位といえるものです。タンパク質が不足すると栄養不足でボロボロになったり、月経が止まることだってありますから絶対に不足しないようにしてください。
食事制限をすれば自然と食物繊維の量が減ったり、お腹の調子が変化して便秘になりますくなってしまいます。ですから、栄養価の面でもカロリーダウンの面でも野菜をたくさん摂取することも必要です。
だいたい女性の基礎代謝は1300、男性は1500程度といわれていますから、この数値以下のカロリーを目安にして献立を考えてください。しかし、落としすぎると身体のブレーキがかかって痩せなくなってしまう上に、女性の場合は妊娠機能がダメになる、美容面がガクンと落ちてしまうというデメリットがありますから、一気に体重を落とす=食事制限というような意識は捨て、食べているのに痩せられるような献立で生活してください。

人間には基礎代謝というものが存在しています。これは心臓を動かしたり呼吸をしたり、歩行する場合に勝手に消費されるカロリーです。眠っている間にも人間はエネルギーを消費しているのです。基礎代謝は人間が居聞いている限り絶対に消費されるエネルギーですから、1日に使うエネルギー量と同じだけ食事をとっていれば日常的な歩行や通勤のときの移動で消費されるカロリーぶんだけじわじわと痩せることになります。
だいたい健康的に体重を落とす場合には、1ヶ月で1キロが理想だといわれています。それ異常のスピードで体重を落とすと筋肉が溶けてしまいますし、栄養バランスが最悪になって様々な害が生まれます。また、リバウンドしてしまう確率が上がるためにダイエットしにくい体に変化します。
ダイエットに焦りは禁物です。自分が楽に痩せられる範囲を見極めストレスを感じず長い目で体重を落とすようにしてください。

Copyright(c) 2015 リバウンドの不安をなしにしてダイエットを成功させよう. All Rights Reserved. Design by Cloud template